釣り

【たった5分で出来る】釣り竿のメンテナンスはこのスプレー1つでOK

釣り
スポンサーリンク

どうも、平凡サラリーマンの「まぁ」です。

みなさんは釣行後に釣竿のメンテナンスをしていますか?
メンテナンスしようとしたときにこんな悩みはありませんか?

・そもそもやる必要があるの?
・どうやってやるの?
・面倒くさいんだよね〜。
・ちなみに毎回やる必要あるの?

そのようなあなたに結論を言わせていただきます。
釣竿のメンテナンス用にこちらのスプレーをおすすめします。

その名も「タックルエリクサー」です。

私もこのスプレーを使用していまして、釣行後には毎回メンテナンスをしています。
このスプレーを使うことで、毎回5分以内で竿のメンテナンスができています。

本記事では、釣竿のメンテナンスについて下記をお伝えします。

・竿のメンテナンスが必要な理由
・ここがおすすめ!タックルエリクサーのすごいところ
・タックルエリクサーを使用したメンテナンスの方法
・釣行後毎回メンテナンスする必要あるの?
この記事を見れば、
・竿のメンテナンスって簡単!
・ぜひやってみよう!
という気持ちになれますよ!
スポンサーリンク

竿のメンテナンスが必要な理由

竿のメンテナンスを行うとこのようなメリットがあります。

・竿が長持ちする
・竿が傷んでいるところがわかる
・糸の通りが良くなる

竿が長持ちする

サビを防ぎ道具を長持ちさせることができます。

竿のメンテナンスを行わないでいると、ガイドの部分が錆びてきてしまい
ガイドにヒビが入るなど、故障の原因となってしまいます。

こちらは実際にサビが入ってしまった私の竿です。

青サビができてしまっており、さらにガイドが割れてしまいました。
もう釣りには使用できません。

このサビの原因は何かというと、糸を伝わって竿に水分が付着するからです。
とくにガイド付のロッドであればガイドに水がつきます。
海釣りをする場合は、海水が着くため、そのまま放置しておくとサビの原因になってしまいます。

竿が傷んでいるところがわかる

竿の傷んでいる部分がわかります。
竿を拭いたりすると竿についた傷であったり、ガイドの状態などに
気づくことができます。
釣行中に竿のトラブルで釣りができなくなったとあれば非常にストレスですよね。

メンテナンスをすることで事前にこのようなトラブルを避けることができますよ。

糸の通りが良くなる

新品の竿を買ったころと比べて、糸の出方が悪くなったと感じた人はいませんか?
竿やガイドの糸の通りが悪くなってしまうと、飛距離にも影響が出るなど、
釣りをしているときにストレスとなってしまいますよね。

そこで、メンテナンスをすることで糸の通りも良いまま保つことができます。

ちなみになぜ新品の竿は、使いやすいかというと、
コーティング剤が付いているため比較的糸の出がよくなっています。
使っているとこのコーティング剤が徐々に取れていってしまい、
糸の出が悪くなってしまうのです。

そんなとき、メンテナンスをすることで糸の通りも良いまま保つことができます。

スポンサーリンク

ここがおすすめ!タックルエリクサーのすごいところ

そこで紹介するのがこのタックルエリクサー!

中に入っているのは、スプレーボトルに入った液とスポンジになります。

タックルエリクサーのメリットは下記の通りです。

・簡単に5分でメンテナンスができる。
・竿の細かい部分まで手入れができる。
・リールやその他道具もメンテナンスできる。

簡単に5分でメンテナンスができる。

タックルエリクサーの特徴は、これ1本で汚れ落としや潤滑、防錆ができることです。

これまでみなさんメンテナンスはどのような方法でやってきましたか?

・汚れを落とすためにクリーナーを使用する。
・そのあとは糸の通りをよくするためにシリコンスプレーを使う。
・最後にサビ防止のスプレーを使って。。。

など色々な道具を使ってきた方もいるのではないでしょうか。

こちらのスプレーは、汚れ落としや潤滑、防錆ができるので
メンテナンスにかかる時間を短くすることができますよ。

竿の細かい部分まで手入れができる。

加えて付属のスポンジがなかなかいいんです。

スポンジに凹凸があり、これで細かな部分もしっかりと手入れすることができます。
ガイドの細かな部分やリールシートのネジが切ってある部分についても
問題ありません。

リールやその他道具もメンテナンスできる。

実はこのタックルエリクサー、竿だけではなく他の道具にも使えてしまうんです。

リールであれば、スプールの部分にサッと吹きかけるだけでメンテナンスが完了します。
ルアーやフック、その他仕掛けなどにも、吹きかけるだけで手入れができます。

スポンサーリンク

タックルエリクサーを使用したメンテナンスの方法

メンテナンスはこのような流れで行っていきます。

1. タックルエリクサーを吹きかけスポンジで磨く
2. カラ拭きする

非常に簡単にできます。
実際にやってみるとわかりますが、5分もかからずにメンテナンスを終えることができますよ。

1. タックルエリクサーを吹きかけスポンジで磨く

ロッドのブランクス部分やガイドの部分にスプレーでふきかけましょう。
そのあとに付属のスポンジで馴染ませてください。
このときガイドの細かな部分も念入りに。

ロッド全体になじませたら完了です。

2. カラ拭きする

ロッド全体になじんだら、カラ拭きを行いましょう。

以上これだけでメンテナンスは完了です。

あとは置いておき、乾くのを待ちましょう。

ブランクスの部分を触ってみると、汚れも取れていますし
ツルツルしているかと思います。

ルアーロッドなどのピースロッドでは
ロッド全体に スプレーを吹きかけ → から拭き ができるかと思います。

磯竿など振り出し竿を使用している方は、
部屋の広さなどで全て伸ばすことは難しいかもしれません。

そんなときは、 少し伸ばして、スプレーを吹きかける → カラ拭きする
を繰り返してください。

釣行後毎回メンテナンスする必要あるの?

釣行後は毎回メンテナンスをする必要はないと思っています。

週に1度釣りに行く場合は、2~3回に1回、このタックルエリクサーを使用すれば
良いくらいかなと思思います。

ただし釣行後何もしないのはサビの原因になってしまいます。

メンテナンスをしなくとも、釣りで付いた水分は、
しっかりとカラ拭きなどして、拭き取ることをおすすめします。

まとめ

今回は釣り竿のメンテナンスとして、おすすめの道具「タックルエリクサー」を紹介しました。

メンテナンスを今までやったことがない方や今までいろいろな道具を試してきたけど
面倒でやめてしまったという方、
ぜひ「タックルエリクサー」を使ってみてください。

メンテナンスをすることで、道具を長く使用できたり、さらに愛着が湧きますよ!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました