釣り人のためのライフジャケット知識

桜マークはどのタイプを買えばいい?タイプの選び方を徹底解説

釣り人のためのライフジャケット知識
スポンサーリンク
・桜マークにタイプAとかタイプDがあるけど違いがわからない
・「平水区域」「沿岸区域」など航行区域ってそもそも何かわからない
・結局どのタイプを選べばよいかわからずにとりあえずタイプAを購入しようとしている

船で釣りする方など小型船舶に乗船する人には、法令により桜マーク付ライフジャケットの着用義務化がなされています。
桜マーク付の中でもタイプがいろいろとありますが、小型船舶によって適切なタイプを選ばなければ法令違反となることを知っていますか?

本記事では1級小型船舶免許を保有する私が、桜マークのタイプの違いについてわかりやすく解説します。タイプの違いやどのタイプを選べば良いのかわかるようになりますよ。

結論として、「タイプA」がおすすめです。タイプAをおすすめする理由についても紹介します。

スポンサーリンク

桜マークとは

桜マーク

桜マークの基礎知識

国土交通省が定めた安全基準に基づき試験を行い、適合が確認できたライフジャケットのこと。
承認試験合格の印として桜のマークがついているため桜マークと呼ばれる。

小型船舶ではライフジャケット着用義務がある

平成30年(2018年)2月1日から「小型船舶の操縦者(船長)は乗船者、乗組員に桜マーク付のライフジャケットを着用させなければいけない」ことが法令として義務付けられています。

原則として、モーターボート、水上オートバイ、漁船など、操船に小型船舶操縦士免許が必要なすべての小型船舶の乗船者が、ライフジャケットの着用義務の対象となります。

小型船舶とは
総トン数20トン未満の船舶及び船体長さ24メートル未満のプレジャーボートや水上オートバイなどのこと
小型船舶に乗る場合は子供にも義務がある

小型船舶乗船の際には子供でも桜マーク付のライフジャケットが義務付けられています。
厳密には保護者監督のもとに1歳未満は免除されています。

法令に違反するとどうなるの?

令和4年(2022年)2月1日からは、乗船者にライフジャケットを着用させなかった船長は違反点数2点が付加されます。
違反点数が2点の場合、再教育講習を受講する必要があります。

また累積違反点数もあり、違反が続いた場合は下図の通り小型船舶免許の停止/取消などの措置がとられる場合があります。

行政処分基準

出典:ライフジャケットの着用義務拡大(国土交通省)

ライフジャケットの着用義務も一部例外がある

船室内にいる方、妊娠中の方などライフジャケットを着ることが健康保持上適当でない方については
「適用除外」もしくは「着用の努力義務」となることがあります。

一部例外となる条件についてまとめていますので、詳しくはこちらをご覧ください。
【小型船舶】適用除外ケースもある?ライフジャケット義務化の新常識

自分の持っているライフジャケットを見ておこう

自分の持っているライフジャケットに以下のようなマークが付いていれば桜マーク付きとなります。
是非確認してみてください。

スポンサーリンク

桜マークのタイプについて

桜マークにはTYPEA〜Gまでの7種類があり、中でもTYPEA、TYPED、TYPEF、TYPEGの4種類がよく使われます。この4種類の選び方について解説していきますよ。

適切なタイプを選ぶ必要がある

桜マークの適切なタイプについては国土交通省により下記の通り定められています。
この図が理解できるように解説していきます。

あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?

出典:あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?(国土交通省)

TYPEG→Aにしたがって基準が厳しくなり、より厳しい条件下でも使用ができることになっています。

必要なタイプについては3つの要素によって決まります。

・1.小型船舶の用途
・2.航行区域
・3.構造

それぞれを見ていきましょう。

1.小型船舶の用途

あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?

出典:あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?(国土交通省)

乗船する小型船舶の用途により使用するタイプが決まる

乗船する小型船舶の用途によって使用するタイプが決まってきます。

漁船、旅客船の場合タイプAのみ使用が認められています。
遊漁船で釣りをする方や自分で船を操縦して釣りする方は「その他の小型船舶」に該当します。

ここで大事なのは注意書きのところ

[2]遊漁船であったとしても、旅客定員が12人を超える場合は、旅客船に該当

どういうことかというと、「その他の小型船舶」としても旅客定員が12人を超える場合はタイプAを使用する必要があること。

要は、遊漁船の場合は多くが旅客定員が12人をこえる船だったりするのでタイプAを使用する必要があります。

2.航行区域

あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?

出典:あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?(国土交通省)

航行区域とは
・船舶はその構造や性能により航行できる水域が指定されるが、この水域を「航行区域」という
・航行区域は、船舶の航行上の条件として船舶検査証書(車でいう車検証のようなもの)に記載される

例えば馬力の小さい船よりも馬力の大きな船の方が岸から遠いところに行けそうですよね?

要は、船によって岸からどの程度離れた距離まで航行できるかという条件が決められているということです。

ライフジャケットのタイプを選ぶにあたっては下記の航行区域が基準になっています。

・平水区域
・沿岸区域
・限定沿海区域
・沿海区域以遠

図で示すとこのような感じです。
それぞれの航行区域について説明していきます。

航行区域

平水区域

湖、川及び港内の水域のほかに各地域で航行水域が定められています。

こちらのサイトでお住まいの地域の平水区域について調べることができますよ。

出典:航行区域検索ページ(平水・沿岸)(日本小型船舶検査機構)

沿岸区域

平水区域+陸地から5海里以内の区域のことです。

1海里って何?
距離を表す単位になります。1海里は「1.852km」となります。

こちらのサイトでお住まいの地域の沿岸区域について調べることができますよ。

出典:航行区域検索ページ(平水・沿岸)(日本小型船舶検査機構)

限定沿海区域

沿岸区域よりも広い範囲になります。

5海里以上の範囲で港などの平水区域から「最強速力」で2時間以内に往復できる沿海区域内の水域をいいます。

最強速力とは
・「最強速力」は船の大きさやエンジンの出力から計算で求められるもの
・船が大きく、エンジンの出力が大きいほど、限定沿海区域は広くなる

どのような場所から、船に乗るかによってこの限定沿海区域は変わってきます。

下記のサイトにて「限定沿海区域」を検索することができます。

出典:航行区域検索ページ(限定沿海)(日本小型船舶検査機構)

沿海区域以遠

限定沿海区域よりも広い範囲になります。

沿海区域は陸地から20海里までとなっています。沿海区域以遠とは陸地から20海里までの範囲またそれよりも遠くである区域となります。
この範囲ではタイプAのみ認められています。

ちなみに図の通りですが平水区域、沿岸区域、限定沿海区域では法令上タイプAである必要はなくタイプDでも問題なしとされています。
さらに次に説明する構造の条件を満たしていれば、さらに条件が緩和され、TYPEF、TYPEGも有効となります。

3.構造

出典:あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?(国土交通省)

最後に小型船舶の構造によって、下記機能を持っているかで、タイプが緩和されます。以下の4つとなります。

・不沈性能
・緊急エンジン停止スイッチ
・ホーンを有した小型船舶で旅客船・漁船以外
・水上バイク等であるかどうか
不沈性能とは
・船内に十分な浮力体があり沈まない構造であること
・たとえば船や水上バイク自体は浮くことができ、十分な浮力体があるとみなされる

小児用のライフジャケットのタイプについて

12歳未満の子供については小児用のライフジャケットにも適切なタイプを用意する必要があります。タイプは大人と同様です。

体格により必要なサイズや性能が決まっており、体重を基準として3種類に分類されています。

1. 40kg以上
2. 15kg以上40kg未満
3. 15kg未満

子供用のライフジャケットを選ぶ際には覚えておいてほしいです。

桜マークのタイプ まとめ

タイプについてまとめたいと思います。

・必要なタイプは小型船舶の用途、航行区域、構造によって決まる。
小児についても必要なタイプは同様に適用される。

小型船舶の用途

・漁船、旅客船の場合、タイプAを選ぶ必要がある。

遊漁船の場合でも定員が12名をこえる場合は旅客船扱いとなりタイプAを選ぶ必要がある
航行区域や構造

沿海区域以遠タイプAを選ぶ必要がある。

限定沿海区域、沿岸区域、平水区域タイプAもしくはタイプDが必要
構造による要件を満たせば、タイプFもしくはタイプGも使用可能

スポンサーリンク

桜マークのタイプ 性能の違い

性能の違いとしては下記の違いがあります。

タイプタイプAタイプDタイプFタイプG
色の指定目立つ色(黄・橙)指定なし指定なしタイプFより浮力が少ない
反射板、笛の装備ありありなし

結局どのタイプを買えばいい?結論:タイプA

乗船する小型船舶の種類によってどのタイプが必要かはわかりましたでしょうか?

でも結局どのタイプを買ったらいいの?という方もいるのではないでしょうか。

船で釣りをする場合については、「タイプAを購入する」で間違いないと思います。
その理由は下記の通りです。

・遊漁船で釣りをする場合はタイプAが必要であることが多い
・船をレンタルもしくは船を保有している場合もタイプAを選んでおけば間違いがないから

本記事のまとめ

・小型船舶では桜マーク付ライフジャケット着用義務がある

・桜マークにはタイプA、タイプD、タイプF、タイプGが存在する
小型船舶の用途、航行区域、構造により必要なタイプが決まる

・適切なタイプを着用していないと法令違反となり、違反すると船長に違反点数が付与される

 

ライフジャケット着用義務化についてしっかりと知識を身につけておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました