釣り人のためのライフジャケット知識

【小型船舶】適用除外ケースもある?ライフジャケット義務化の新常識

釣り人のためのライフジャケット知識
スポンサーリンク
・小型船舶のライフジャケット義務化って何?
・ライフジャケットは何を着用してもいいの?
・守らなかった時の罰則は何?
・船に乗ったらどんなときでも着用していないといけないの?

法令にて小型船舶乗船者ライフジャケットが義務化となっています。
またライフジャケットの義務が適用除外となるケースもあることを知っていますか?

義務化について正しく知識をもっておかなければ法令違反となってしまうこともあるかもしれません。

本記事では小型船舶免許1級をもつ私が、義務化の内容守るべきポイント罰則について解説します。
さらに義務が適用除外となるケースについても紹介します。

義務化についての正しい知識を身につけて釣りを楽しみましょう。

スポンサーリンク

ライフジャケットの義務化

2018年2月1日より、モーターボート、水上オートバイ、漁船など、操船に小型船舶操縦士免許が必要なすべての小型船舶の乗船者にはライフジャケットの義務化がされています。

小型船舶とは?
総トン数20トン未満の船舶及び船体長さ24メートル未満のプレジャーボートをいいます。

義務化については下記の守るべきポイントがありますので紹介します。

・桜マーク付のライフジャケットを使用する
・小児にも適用される

桜マーク付のライフジャケットを使用する

ライフジャケットについては桜マーク付のものを使用する必要があります。

桜マーク

桜マークとは?
国土交通省が定めた安全基準に基づき試験を行い、適合が確認できたライフジャケットのこと。
承認試験合格の印として桜のマークがついているため桜マークと呼ばれる。
桜マークにはさまざまなタイプがある

桜マークにもタイプがあり、小型船舶の用途や航行区域に応じて適切なタイプを着用しなければ
法令違反となります。

桜マークの適切なタイプの選び方については下記記事で詳細に解説していますのでご連絡ください。
桜マークはどのタイプを買えばいい?タイプの選び方を徹底解説

桜マーク以外にも規格があるため注意

桜マーク以外には下記の規格がありますが、これらの基準は桜マークとは異なるため着用していても法令違反となります。

・CSマーク:JCI(日本小型船舶検査機構)がレジャー用ライフジャケットの性能鑑定
・CE認証:EU諸国での基準
・CSS認証:中国の基準

小児にも適用される

小型船舶乗船の際には子供も桜マーク付のライフジャケットが義務付けられています。
厳密には保護者監督のもとに1歳未満は免除されています。

また大人と同様、桜マークの適切なタイプを用意する必要があります。

体格により必要なサイズや性能が決まっており、体重を基準として3種類に分類されています。

1. 40kg以上
2. 15kg以上40kg未満
3. 15kg未満

守らなかった時の罰則は?

令和4年(2022年)2月1日からは、乗船者にライフジャケットを着用させなかった船長は違反点数2点が付加されます。
違反点数が2点の場合、再教育講習を受講する必要があります。

また累積違反点数もあり、違反が続いた場合は下図の通り小型船舶免許の停止/取消などの措置がとられる場合があります。

出典:ライフジャケットの着用義務拡大(国土交通省)

スポンサーリンク

ライフジャケットの着用義務が適用除外となることがある

ここまで義務化について説明しましたが、特定の条件では「適用除外」もしくは「着用に努める義務」とすることができます。

国土交通省のページに適用除外の条件について詳細に記載があり、こちらの内容を参考に船で釣りを行う場合に関係する部分についてまとめました。

出典:ライフジャケットの着用義務拡大(国土交通省)

スポンサーリンク

適用除外の条件とは?

下記のケースについては、「適用除外」もしくは「着用に努める義務」とすることができます。
適用除外は着用しなくてもよいことです。

・船室内にいる方
・防波堤内に係留された船にいる方
・船長が定めた安全場所の範囲内にいる方
・特定の方

船室内にいる方

屋根と壁に囲まれた船室の中にいる方は適用除外になります。
船室の窓や扉、甲板上のハッチが一時的に開いていてもその内部は適用除外になります。

屋根だけを有するスペースのような風雨にさらされる場所は適用除外になりません

防波堤内に係留された船にいる方

防波堤の内側にある岸壁、桟橋、係船くいなどに係留中の船の上は「着用義務」が「着用に努める義務」になります。

船外に身を乗り出す行為や、釣りなどの他の作業をする場合は適用除外になりません。

船長が定めた安全場所の範囲内にいる方

船長が「船外へ転落のおそれが少ない場所」(安全場所)を指定し、範囲内にいる方が「着用に努める義務」とすることができます。ただし船長の了解を得ることが必要です。
また、安全場所は船内のどの場所でもよいわけではありません。次の2つの要件を満たす必要があります。

1.安全場所が(船舶に)固定して施設される75センチメートル以上の手すりや固定された堅牢な椅子などで囲まれていること
2.次のすべての内容を記載した掲示物を安全場所に乗船している者から見える位置に掲示すること。常に見えるように必要に応じて複数の掲示物を掲示すること。

掲示物の例はこちらです。

(a) 安全場所の範囲を表した図
(b) 船長の了承を得た場合、安全場所内に限り着用義務が課されないこと
(c) 船長は、あらかじめ確認した気象及び海象の予報に基づき船体の動揺が著しく大きくなることが予見されない場合に限り了承すること
(d) 安全場所の範囲内であってもライフジャケットの着用に努めること
(e) ライフジャケットを着用せずに船外に身を乗り出す行為をしないこと
(f) ライフジャケットを着用せずに釣り等の作業※をしないこと
※船舶の種類に応じて、乗船者が行う可能性のある船外への転落のおそれを伴う作業を列挙すること
(g) 椅子の上で立ち上がらないこと
(h) (e)(f)(g)の行為をする場合はライフジャケットの着用義務が生じること
(i) 安全場所の範囲内であっても船体が大きく揺れるような荒天時には船長の指示に従いライフジャケットを着用すること

 

特定の方

下記条件の方は「適用除外」となります。

・負傷、障害、妊娠中であることによりライフジャケットを着ることが療養上又は健康保持上適当でない方
・著しく体型が大きいことなどの身体の状態により適切にライフジャケットを着ることができない方
・大人が保護及び監督をしている1歳未満の小児

その他:小型船舶乗船時の適用除外となる条件

ここまで船で釣りをする場合に関係する部分を紹介してきました。その他のマリンレジャーやクルージングなど小型船舶乗船については下記の方「適用除外」あるいは「着用に努める義務」となっています。

・命綱・安全ベルトを着用している方
・船外で泳ごうとする直前の方
・船外で専用の装備を用いたスポーツ・レクリエーションをする方
・船外において、専用の装備を用いた作業をする方
・安全措置が講じられたヨットレース等の競技を行っている方
・安全措置が講じられた船上における神事等

詳細はこちらをページを確認ください。
出典:ライフジャケットの着用義務拡大(国土交通省)

まとめ

ライフジャケットの義務化

2018年2月1日よりライフジャケットは着用義務となっている。
・桜マーク付ライフジャケットを着用する必要があり、子供にも着用義務がある。
・小型船舶の用途や航行区域に応じて桜マークの適切なタイプを選ばなければ法令違反となる。
・違反となった場合に2022年2月より違反点数の付与となる。

ライフジャケットの適用除外

・小型船舶乗船者でも特定の条件では「適用除外」あるいは「着用に努める義務」とすることができる。
特定の条件とは下記の通り

・船室内にいる方
・防波堤内に係留された船にいる方
・船長が定めた安全場所の範囲内にいる方
・その他特定の方

 

ライフジャケットの義務化や適用除外となる条件について紹介しました。
ライフジャケットの義務化について正しく理解をして、レジャーを楽しみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました